2017年1月31日火曜日

新しいシードルと、新しい泡モノばかりのセット

弘前のリンゴ園から仕入れてましたシードルが
3月初旬まで、供給が出来ない状態なんで、
形のタケダワイナリーのシードルを新たに仕
れました。


やっぱり当店「飲んでから売ってます」なんて
トップページに書いちゃってるんで、試飲会に出て
ないワインは、こんな風に、家呑みで抜かなきゃ、
商品登録できないんですよね。ま、基本ワインが、
キなんで、こういうの楽しいんですけどね^^

この日は、たこ焼きと合わせました。KIMORIの
少しだけ甘さを含んだ味わいと好対照の、ビシッ
と辛口な男前な味わいです。

こういうのもアリですね^^なので、KIMORIの供給
が始まっても、このワインは継続販売しますわ。



晴れて、シードルがサイトに登録できましたんで、
泡モノばかりのセットもリニューアルしました。

やっぱり、シードル、スキだわ~~

2017年1月27日金曜日

item_details_3241.jpg
結構スキなセットです。やっぱりこういうのがスキ!セット
gyouza.jpg
濃厚果実とミネラルの苦渋に寄せるなら、餡で遊びましょう。
詳しくは、商品説明を参照くださいませ~

こちら、自分で作った餃子です。




2017年1月23日月曜日

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、草、屋外、自然
ついにこの日がやって参りました。
稲刈りです。この日のために、日々の農作業を
細かくていねいにやってもらいました。
今期は、お盆を過ぎてから、晴れの日が続いて、
比較的熟すのが早かったように感じます。



神吉盆地の端っこの泥の層が薄い松崎んの田んぼの稲の
アップです。ギュッと実が詰まってる感じです。





こちらは、神吉盆地のど真ん中、泥の層が分厚い石橋さんの
田んぼです。こちらもギュッと詰まってる感じです。



今期を振り返ってみて、神吉盆地は、大規模災害にも見舞われず、気候条件的にも良好で、農家の方も例年通りの出来だとの事です。刈り取られたお米は、水分量をあわせる乾燥調整をしております。それが終わり次第、精米しまして、減農薬ゆえの虫食いを、ハンピッキングにてはねて、松崎さんのサラッとしたお米と、石橋さんの粘る濃い味わいのお米とを半々でブレンドして、店頭に並びます。新米投入のタイミングは、連休明け頃となりそうです。

今期も美味しいお米が期待できそうです。
新米、今しばらくお待ちくださいませ~

稲刈りまでの農作業のまとめです。

まとめ①田植え動画つき
まとめ②梅雨時期
まとめ③梅雨の中休み?
まとめ④そろそろ梅雨明け?
まとめ⑤発穂~お盆明け
まとめ⑥稲刈り間近

2017年1月22日日曜日

ここんとこのホジュウです。


半分は、老舗インポーターさんの商品で、右半分は、名古屋の
大手のインポーターさんの商品です。価格帯は、1000円~
2000円の商品です。やっぱり自分で買いやすい商品にまとま
ってしまいますね^^ま、それがサイトの個性だと思うんで。

ドウの品種で見てみると、左から、ネロダーヴォラ、プリミテ
ーヴォ50%+ネグロアマーロ50%、ネグロアマーロ、ネグロア
マーロ、メルロー+シラー等、シラーとなっております。やっぱり
しっかりした果実味と、果皮の苦渋がのったワインとなりますね。

っかくなんで、この6本で送料無料のセット、組みますか。


どのワインも、ちょっと濃厚で、満足感があるのがいいですわ。
あわせるなら、最近の流れで、餃子なんかいかがでしょ?

ここから、参考にするのは、検索トップのレシピですね。
このレシピで参考になるなぁ~って思えるのは、薬味の効かせ方
ですね。材料の中で、大場とミョウガが出てきますが、たとえば
これをきざみセロリにしたらどうでしょう?スパイシーなワイン
向きの味わいの表情が出せると思いません?さらに赤ワインに寄
せるなら、鶏レバーを軽く味付けして煮込んでからペーストにし
て、餡に混ぜるとか。過去にやった事あるんですが、鶏桃軟骨を
加圧で蒸して、ふわふわにしてからきざんで餡に混ぜて、コク感
をアップさせるとか。餡の自由度があるんで、更にワインよりに
方向付けをして行けると思います。

言う事で、次の火曜日の店舗で自炊は、餃子のバリエーション
としましょうか。スーパーで買うもの、リストアップしよ~っと。





2017年1月18日水曜日

2017年1月19日メルマガ ラングドック、ローヌ、イタリア、スペインなど

HTML形式で正しく表示されない場合は、
こちらを参照ください

週の南西地区のセットから始まりました、セット商品の企画からの流れで、今週は、ラングドック、ローヌのセット、イケてるイタリアとスペインのセット、THEテーブルワインのセットと紹介させて頂こうと思います。


ングドック&ローヌ クリック願いま~す
リンク先にも書いておりますが、フランスワインで、2000円までの価格帯で、納得できる味わいのワインとなると、ラングドックとローヌのワインが多くなりますね。実際の試飲会でも、出品されてるアイテム数も多く、玉石混交の感がありますので、試飲して納得してからの仕入れでないと、と思う次第です。

http://winetoryouritopanto.blogspot.jp/2017/01/blog-post_16.html
タリア&スペイン クリック願いま~す
こちらは、6本セットとして固定化していない提案です。画像に出ている5種類に加えて、関連のありそうな別のワインを更に5アイテム提案させて頂きました。先帆の°ラングドックとローヌのセットでも書きましたが、結局コストパフォーマンスだと思うんですよね。やっぱり、ニッコリとお財布からお金を出せますかに尽きると思うんです。なのでイタリアワインも南部のワインが多くなるんでしょうね。スペインにしても、相場が高めなリオハは少ないですしね。



ーブルワインいろいろ クリック願いま~す
テーブルワインまさに当店向きな類別ですね。いつも書いているブログの名前も「ワインと料理とパンと。」ですもんね。ワインの飲み方もそれぞれあるんでしょうけど、やっぱり、美味しい料理と合わせてナンボだと思うんですよね。なので、料理をたてるテーブルワインって大事だと思うんです。とは、言うものの、ここに出てるワインは、主張が強すぎる??ま、それに合わせるお料理をってコトで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちらは、大文字屋がククパに投稿したレシピです。自分が自分向けに作ってるんで、当たり前ですが、美味しいんですが、あまりにも手間と時間がかかりすぎるんで、ククパのスジ煮込みで検索して、上位に出て来るレシピも載せておきますね^^



白ワインやスパークリングワインには、牡蠣料理はいかがでしょう?ワインの温度が冷たい時の、ギュッとくるミネラル感や、ソービニオンブランなんかのスパイシーなハーブのニュアンスが、牡蠣の旨味と抜群に合うんですよね。調理時間もかからなさそうですし、思い立ったら・・・牡蠣が冷蔵庫にある確率って少ないですか^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだヒマなんで、受注頂いたお客様すべてに、このパンの半分カットを同梱させて頂いてます。このパンは、ワインの赤白、甘辛を問わず受け止められるように、ブルーチーズとクルミを入れて焼いております。通販のサービス品ですので、当然焼きたては食べてもらえない訳です。なので、翌日のトーストが最高に美味しいように試行錯誤して、現行のレシピになりました。これも、ククパに載せております。ありがたいことに閲覧回数も1200回を超えました。しか~し、未だにツクレポは無し。そう、あまりにも手間なのです。そこそこ美味しいんですけどねぇ~ワインを御注文下されれば、喜んで焼かせてもらいますよ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週は、こんなところで。まだまだ寒い日が続きます、風邪などひかれませんように~


今後配信不要な方は、お手数ですが、このまま返送くださいませ。配信しないように設定解除致します。

2017年1月16日月曜日

左から
イタリアワイン4本と、スペインワインです。
どのワインも、それぞれに主張のあるワイン何ですよ~
いつものように、6本で送料無料セットを考えてみました。
さて、あと一本です。なにを入れようか・・・

これ、モンテプルチャーノ ダブルッツオです。そう、左から
3番目のワインと同じワイナリーの品種違いです。因みに、イ
タリアワイン4アイテムの品種はと言うと、左から、プリミテ
ィーヴォ、ネグロアマーロ、さんじょ