2016年12月29日木曜日

メルマガのラスト


そろそろお正月って気分になってきました。
上の画像は、洋風おせちで検索して出てきたヤツなんですが、ここまでガチにお重に詰めなくても、イイですよね^^

そこで、今週は、このあたりを押さえておけば、
充分お正月な気分が味わえる料理
これを軸に進めていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・


おせちと言えば、おめでたいエビは外せませんよね。一般的なおせちでエビと言えば、甘辛くだし汁で煮つける調理となるんですが、ワインと合わせるとなると、ガーリック風味でソテーしたくなりますよね。

お酒に合う✨海老のガーリック炒め

これに合わせるとなると、
スパイシーな白、骨太系の白、泡
てところでしょう。

         
シレーニ セラーセレクション ソービニオンブラン 

左のシレーニは、言わずと知れたNZのソービニオンブランで、レモングラスの風味ズバリです。

その隣のジョイは、新鮮なレモンの搾り汁の味わいで、まるで、エビにレモンをギュッと搾ってるイメージですね。

お次は、ラヒターナブランドのスティルワインです。ラヒターナと言えば、辛口シェリーのブランドですね。シェリーを造ってるメーカーだからこその、シェリー樽発酵!なんですよ。フルボディです^^

お次は、御存じ、スペインのカヴァ、セグラビューダスです。スッキリした味わいの中にハーブのニュアンスがしっかりと。

どれも、いいなぁ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・

簡単★ほうれん草とベーコンのキッシュ

お次は、卵料理です。ワインと来れば、やっぱりキッシュでしょ。中身は、ベーコンとホウレンソウです。リンク先のレシピだと春巻きの皮が使われてます。ま、あんまりカタイコト考えずに、市販のパイシートでもいいし、最悪、生地が無くてもいいみたい。

アジの攻勢が、ホウレンソウとベーコン、卵なんで、赤白問わず合わせられますよね。ウチなら、このあたりです。

         

左から、
アルノーシェ。これ、シラーが上手く使われてます。注いで即のフルーツピューレみたいな果実感と、時間を経て湧き出すコントロールされたタンニンが、キッシュのホウレンソウのニュアンンスとピッタリ。

次の29って書いてあるワイン。これ、イタリアのプリミティーヴォですが、普通なら、マッタリ濃厚な、ふんわりしたホシブドウのおいしさって味わいのはずなんですけど、ここに、フレッシュ感が加わり、なんだか新鮮ない目0時のホシブドウなんです。干してるのに、フレッシュって、ど~言うこと??

お次は、ドイツのドライリースリング。このワインを飲むと、レモングラスのスパイス感って、絶対流行なんだって思っちゃいますよ^^ほんと、ソービニオンブラン的なスパイス感が、あるんです。これ、リースリングですけどね^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・


お次は、いわゆるロール焼きです。和風のお節なら、ゴボウをアナゴで撒いた野が、ぱっと見の感じで近いですね^^リンク先のククパのレシピは、鶏ハムのアレンジレシピです。このレシピ取りに作れば、あ白ワインと泡向きに仕上がりますが、トマトソースやデミグラスソースをかければ、赤ワインでも合わせられますね。当店の在庫からですと・・・

         

左から
プルポアスール ティント  こちらは、赤ワインにしては珍しく冷やし飲む推奨のワインです。冷たく冷やしたのを口に含むと、マンダリンオレンジジュースの味わいが、口いっぱいに広がります。

グラスペッロ  値段だけを見ると、こんな値段で・・・っと・・・には「美味しいわけないし~」と否定的なワードが入りますよね^^でもでも、まぁ、飲んでみて下さい。そのマイナスなイメージが、ガラガラと音を立てて崩れ去るんですから^^

カサニョールグロマンサン  こちらは、ウチの品揃えで頻回に出てくカオールやベルジュラックのある南西地区のワインです。このワインに使われるグロマンサンって品種は、高級ブランデーのアルマニヤックの原料でもあります。レモンの搾り汁を口に含んだかのような爽やかな味わいです。

ランソス ブランコ  こちらのスペインワインは、かなり複合的な香りと味わいですね。グレープフルーツを感じる香りを感じ、温度に呼応して様々な変化を見せる味わいが、なんともドラマチックです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

材料4つで簡単スペアリブのコーラ煮

お次は、スペアリブ。手づかみでワイワイ言いながらワイルドにかぶりつく。いかにもパーリィな料理ですね。リンク先のレシピは、コーラで甘辛く煮込む味付けで、シンプルなのを載せています。個人的には、このままの味付けで、柚子胡椒を少しだけつけて食べたいですね。または、煮込む段階で豆板醤を小さじ2~3加えて、後味にピリッとした刺激が残る味付けにアレンジしたり。この料理だと・・・

         
ドメーヌ・ド・バッサイユ マディラン
ハロン シ・オ・シ シラーズ

左から
ラ・クロワッサード  ラングドックのカベルンウェ+シラーです。このブランドのワインは、他の品種のも非常に良く出来た安定感のある味わいですね。バランス良く、要点を押さえた味わいなんです。カシスを感じるカベルネと、心地よい焦げ感を演出するシラー。ホント、上手にブレンドされてます。

ポールジャブレ  こちらは、フランスは、ローヌ地方のワインとなります。ワインも分類として食文化の一部なワケでして、ローヌ地方の食文化、豚料理に沿った味付けになってます。ブドウの果皮にある油脂分のニュアンスが、後味にフッと残るアラビキポークウィンナーの脂肪分を感じさせてくれます。スペアリブにはピッタリですね。

ドメーヌバッサイユ  マディランのタナ主体のワインです。マディランと言えば、さっきも出てましたね、そう、南西地区のワインです。さっきのは、白でしたが、こっちは赤です。赤も白も、個性的な味わいのワインが多いって事でしょうね^^しっかりした骨太のタンニンが味わいの大部分を占めます。何でしょうね、甘さを奥にひそめた苦渋味なんですよ。甘辛く仕上げられたスペアリブと合わない訳がない^^

ハロン シ・オシ  こちらは、スペインのシラーズです。スペインの赤と言えば、テンプラニージョでありボバルが、今までの看板だったんですが、ここへ来て国際品種も美味しいのが出て来るようになりました。ウチの赤ワインの味わいの底に流れる「心地よい焦げ感」が、このワインにもありまして、後味にバンホーテンココアの味わいをリアルに感じます。リッチですわ^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・





お米つきのセット、新たに2アイテム追加しました。ガチに農家とタッグを組んでのお米の販売をやってるワインの通販サイトって、あるかな~と探してみましたが、どうやら当店だけみたいです。商売として稲作に関わる前までは、農作業の全体像がブラックボックスだったんで、お茶ワインいはいったごはんを漫然と食べてるだけでした。2003年よりお付き合いが始まって、リアルタイムに農作業の進捗状態を見るようになって、お米って、結局作ってる農家さんの価値観が味わいと安全性の大部分を占めてるんだなって事が、本質的な部分だって理解できました。米ってカンジうぃお分解すると八十八って言われるでしょ。この八十八にそれぞれのパートに各々の農家さんの価値観が反映されてるんですね。

毎日食べるごはんです。納得したのを食べて下さいね~

各種セットその他の送料無料セットはこちらから~

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回をもって、二千十六年度のメルマガの最終便とします。

いやぁ、一年って、ホント早い。そして、ワタクシ加藤も来年は五十歳と。

これまた、早いものですね~

まだまだ寒いです、いや、これから、まだまだ寒くなりますね。

年末の忙しい時期です、風邪なんかひかないように気を付けて下さいね~


来年も、なにとぞよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


今後配信不要な方は、お手数ですが、このまま返送くださいませ。配信しないように設定解除致します。










2016年12月28日水曜日

お米を5kg食べ終わる頃に
ワインを注文いい感じでしょ^^

ワイン通販のサイトで、おいしいお米も売ってる
って、ほぼ無い気がするんですけどね~  
毎週産地まで、その週に売る分を取に行く形態で
契約農家とお付き合いしてるんで、稲作時期の、
リアルタイムな農作業を見ているので、安心して
商売が出来てます。2003年からのお付き合い
です。毎年おいしく仕上がってますよ~

さて、このセットですが、
当店最安値のワインで構成されてるですが、味わ
いは、酒屋として責任を取れるしっかりしたもの
です。おもしろいなって思えるのが、赤の品種、
3種類のうちで、一番飲み応えするのがメルロー
だってトコでしょうかね。で、一番ソフトなのが
カルメネールなんです。ふんわりしたカルメネー
ルって、新鮮ですよ~
そうそう、白のシャルドネも印象に残りまね。
スプーンですくうと、糸が引きそう^^

それぞれアイコンに商品説明のリンクが貼ってあ
りますんで、ご参照くださいませ。






アジのトマト煮


赤にも白にも合いますね^^

価格設定は、白米5kgですが、玄米5kgでも、3分ヅキ
5kgでも対応させて頂きます。

☆例☆
白米3kg+3分ヅキ2kg←白米と3分ヅキは、単価は
同じなので、合計金額は変わりません。

白米3gk+玄米2kg←玄米の方が¥2/kg安いので
修正して処理いたします。玄米だけで5kgですと、
合計金額から10円マイナスして処理いたします。

玄米を白米食感に炊き上げるシンプルな方法
☝ワタシは、これで痩せました^^☝

2016年12月20日火曜日

甘辛スペアリブ



フライパンで簡単お手軽!甘辛スペアリブ


の画像は、実は、ウチのオクサマ作なんです。レシピがまとまって
ないんで、ここは、いつもの様にククパのお世話になる事に^^
パーティにホント似合う料理ですよね。

わせるなら、こんなワインでいかがでしょ?
醤油や味醂の甘辛と、豚の脂感が味わいの要素ですよね。
果皮の油脂から来るスパイス感と、太めのタンニンです。





















2016年12月19日月曜日

鶏むね肉のクリーム煮



肉のクリーム煮もパーティ料理として良く出て来るネタ
ですよね。

鶏ムネ肉のクリーム煮

フライドチキンと合わせるなら?



ーティと言えば、唐揚げであり、フライドチキンですよね^^
これについては、異論は無いでしょう。ククパのレシピなら・・・

ケンタッキー風フライドチキン


ンタッキー風のと、柚子風味の唐揚げをピックアップしました。
味わいのキーは、香辛料のスパイス感、柚子の風味、カリッとした
揚げ油のニュアンス、お肉の脂の旨味ですね。

と言う価値観に触れましたが、その理論を軸に進めてみましょう。

、ケンタッキー風にしても唐揚げにしても、そこそこ味付けされ
てますが、KFC風には、胡椒系で、柚子には柑橘でしょう。これを
ふまえて、こんな感じでいかがでしょ?







にって言うなら・・・真ん中の泡かなぁ。いやいや一番下のも
インパクトあるしなぁ。だって紫色の泡ですよ~一度飲めば、きっ
とハマるでしょう^^

まる鳥のローストチキン

←ケンタッキーです。

レミアムシリーズってのがあるんですね。ま、おお手軽だし、
こういうのもアリでしょう。が、やっぱり作りたい!←そんな人
もおられるわけで。


皮パリ☆丸鶏のローストチキン 簡単♪

つもの様にククパからひっぱってます。これ、確かにシンプル
で、時間はかかるけど、失敗が少なそうですね。
香ばしく焼けた皮目と、しっとりした肉汁が美味しそうです。

んなお料理には、こんな感じのワインで。
わいのキーとなるのは、スパイス感と脂の旨味ですね。

クッとソービニオンブラン、シャルドネ、リースリングって
トコですね。そんな時は、このボタンをお試しください。


まとまってドドッと出てきます

 http://www.winetuuhan.com/shop.php?id=007&id_group1=0&keyword1=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3&group1=trueまとまってドドッと出てきます

まとまってドドッと出てきます

れぞれ品種から2アイテムずつピックアップしましょうか。

ソービニオンブラン



シャルドネ



リースリング


れも、これも思い入れタップリなんですが、ソーブラのイダルゴ
(2番目です)これは、きっと衝撃が走るでしょうね^^

イツのリースリングも、これ何?感が強いワインです。当店から
お買い上げ下さるなら、ある程度攻めたセレクトでないと^^