2014年11月20日木曜日

2014年度ヌーヴォーを起点に提案しますよ~

本日の一曲←こういうのも、たまには^^

さて、今年もヌーヴォーの季節が始まったんですが、
全然メディアが煽りませんねぇ~
ほら、「50年に一度の当たり年」とかね^^
因みに、僕47歳なんで、生まれてないですよね^^
でね、ヌーヴォーなんて、
「予約してまで買うワインぢゃない」って思うんですよね^^
なので、当店在庫と同じように、

「飲んでから売るがキホンです」


他のヌーヴォーは知りません。
このヌーヴォーは実に美味しかったんですよ。
で、当たり前ですが、即仕入れました。
CH ラキャレル ボージョレヴィラージュ
しかし、ヴィラージュで、レギュラー品より安いんだもんねぇ~
ま、美味しくて安いんだし、まぁエエですか^^

さて、このヌーヴォーと合わせて飲んでもらいたいワインがあるんですよ。

これ、産地は、なんと、南西地区なんですよ。
そう、カオールとかのある場所です。
で、使われてるブドウは、ヌーヴォーと同じガメィです。
なんとなく、湿っぽいワインが多いんですよね~
飲めば、必ずビビル味わいです。
でひとり言を言っちゃうでしょう。
「ホンマかいな・・・」って^^

南西地区と言えば、こんなワインが「イカニモ」ですね^^
 シャトー ラ ポジャッド カオール
このワインこそが、いわゆるカオールなんですよね~
コスヌーブとは、使われてるブドウの品種も違うんですが、
ワインが「まとってる空気感」が、恐ろしいほど近しいんですよ。
飲み比べる価値、充分アリアリですよね^^

カオールと名前がついていても、
こんなに可愛らしいのもあるんですよね~
 ラ マルティーヌ  プレステージ マルベック
品種は、ポジャッドと同じマルベックなんですけどね。
産地も同じカオールなのにね^^
ホント、「ホンマかいな!」って言いますよ^^

これ、アルゼンチンのワインです
品種は、マルティーヌと同じ、マルベックです。
このワインだと、マルティーヌとノリが近いんですよね~
でも、マルベックって、南西地区だとオーセロワって呼ばれてて、
ホントのホントにポジャッドに使われてるブドウと同じ品種なんですよ。

ホント、ワインって楽しいですよね~

同じアルゼンチンのマルベックでも、
このアンデルーナみたいな
シリアスでエレガントな味付けの、
ボルドーワインみたいなのもありますね。

このアンデルーナを飲んでから、
カイケン マルベックを飲むと、
なるほど~って、思いますよ~
ここまであたたかな味わいのワインって、
絶対無いと思うんですよね~


アルゼンチンと言えば、このワインを
提案しない訳にはいきませんねぇ~
インポーターは、なんと、四国は松山市の会社なんです。
それだけですごいでしょ^^
で、ネット検索で「TAPIZ ワイン」ってやると、
まともに販売してるのって、大文字屋だけ??
これを掘り出し物と呼ばないで、
何が掘り出し物でしょ^^
味わいを一言で表現するなら、あたたか。
そんなワインです。

マルベックの飲み比べ、楽しいですよね~

提案ついでに、TAPIZの紹介でもしときましょう。
       
左から

TAPIZのワインは、どれを飲んでも 、
暖かな気分にさせてくれるワインです。
一度飲めば、きっとまた、飲みたくなるでしょう。
そんなワインです。